テレビCMメタデータ

独自のCM自動検出システムで、東京・大阪・名古屋地区の民放キー局の放送をリアルタイムで解析し、放送履歴情報を生成しています。

 

前日までに放送された登録済みのCM約50,000件と照合し、放送後、最速15分で提供することができます。

 

マーケティングリサーチやWebサービス、情報家電のコンテンツとして活用頂いています。

 

2014年1月より、BS放送のCMメタデータの提供を開始致しました。

PRESS RELEASE

ゼータ・ブリッジCMメタデータ紹介資料2014.pdf
PDFファイル 1.3 MB

 データサンプル[1] CM放送履歴データ

 データサンプル[2] 企業指定抽出データ


いつ、どの放送局で何のCMが放映されていたか、全てご覧いただけます。最速で放送15分後にデータをお届けすることが可能です。

データサンプル①.xlsx
Microsoft Excel 143.1 KB

自社や同業他社の出稿状況をいち早く把握したいというお客様には、ご指定いただいた企業・商品のデータのみを抜粋して提供いたします。

データサンプル②.xlsx
Microsoft Excel 16.4 KB

 データサンプル[3]集計データ

CM放送履歴情報からご指定の期間の集計データをお届けします。

企業別・商品別・CM素材別にデータ集計が可能です。

各企業がどの放送局にどのぐらいCM出稿しているかがご覧いただけます。

データサンプル③.xlsx
Microsoft Excel 17.3 KB

Q.  『新規CMは放送後どのぐらいでデータができますか?』

 A. 前日18:00以降に流れた新しいCMを翌日10:00からオペレーターがチェックしており、

   24時間以内にはデータの提供が可能です。

 

Q. 『すべてのCMを自動認識できますか?』

 A. 認識できるCMは5・10.15・30・60・90・120秒のCMとなります。

   その他の秒数のCMや番組中の生CMは認識できません。

 

Q. 『過去のデータも見ることができますか?』

 A. 2011年4月以降に東名阪でオンエアされたCMの調査が可能です。

 

Q. 『CMの映像を見ることはできますか?』

 A. 弊社ではCM映像の提供は行っておりません。

 

Q.『東名阪以外のCMを調査することはできますか?』

 A. エリアによってはスポット的に調査することも可能です。お問い合わせください。

 

メモ: * は入力必須項目です