©ZETA BRIDGE ALL RIGHTS RESERVED
CONTACT

2020年10月13日

『フォトナビ・目視レス』色の測定器でもうまくいかない ヒトの目が認識する色の違いを3次元で数値化

人間が目で見て脳で判断する感覚に近しい独自開発の画像認識アルゴリズム『ABHB(Algorithm Based on Human Brain)』を活用した「フォトナビ・目視レス」は、主に製造業での検査・検品における自動化・省力化を行えるソリューションです。

 

色の検査などにおいて曖昧さを排除するため、色を数字で定量化したいというニーズがあります。
どうすれば物体の色を人の目の感覚に近い色相・彩度・明度に数値化できるのか?

 

今回は、その色の定量化を「フォトナビ・目視レス」でどのように解決することができるのかを動画とホワイトペーパーでご紹介いたします。

 

↓解説動画はこちらからご覧ください。

 

↓ 詳しい解説付きのホワイトペーパーは下記よりご覧いただけます。


 

本件に関するお問い合わせは、問い合わせフォームにて受け付けています。